絶対に失敗しない相続対策 元木司法書士事務所備忘録

京都市・宇治市・城陽市・京田辺市・滋賀県・大阪府・奈良県で主に活動する司法書士の業務とタイムリーな情報発信 相続手続、遺産整理、遺言書作成サポート、各種会社設立登記及び変更登記、任意後見契約サポート、相続対策に関する専門家のブログです。一日10分、10日で相続対策。

相続手続全般

遺言執行者を専門家に依頼するべきかどうかの判断基準

投稿日:

「遺言執行者」を専門家に依頼するべきかどうかの判断は一般の方にとっては判断がむずかしいところです。どういったケースではプロに依頼するべきか、逆に依頼する必要性がないのかを紹介いたします。

専門家が遺言執行者になっても、一般の方が遺言執行者に就任してもやるべき業務は一緒です。特別に専門家が遺言執行者になったからといって、やるべき業務が増えたり、減ったりはしません。ですので、一般の方でも十分遺言執行者の業務をこなすことができるのであれば、わざわざ、安くはない報酬を支払って、専門家に依頼しなくてもいいのです。

遺言執行者は、遺言書に書かれた内容を確実に実現させる役目をもっています。自筆証書遺言においては、遺言執行者が指定されていないことが結構ありますが、せっかく遺言書を残しても、金融機関の相続手続や不動産の名義変更を法務局で行うにあたり、相続人全員の協力が必要となる場合があります。

遺言書を確実に、スピーディに実現したいのであれば、遺言書を作成する段階で、専門家に依頼するか、ご家族を遺言執行者にするかを決める必要があります。

専門家に遺言執行者の就任を依頼した方がいいケース

1.遺言者が再婚していて、前の婚姻時の子供と同居していない、親権を離婚した相手方が持っているような場合

2.実の子供が事故や病気ですでに死亡していて代襲相続人がいる場合

3.財産額がかなりある場合で、相続税の申告が必要になりそうな場合

4.財産はあまりないが、取引のある金融機関がたくさんある場合

5.年齢が高く、子供がいないご夫婦の場合

6.相続人以外に財産を「遺贈する」内容の遺言の場合

7.仕事が忙しく遺言執行をする時間が平日にとれない相続人の方、遺言者の居住地と離れたところに居住されている方が相続人の場合

上記のケースに専門家が遺言執行者になったほうがよい理由は以下のとおりです

1、2:遺言執行者を親族の方にしておくと、遺留分減殺請求の対象となる財産を隠しているのではないかと、いらぬ疑いをかけられ、トラブルに発展する可能性があります。
3:遺言執行になれていない一般の方が業務をスムーズに行えないことによって、相続税の申告時に相続税の支払いをするための預貯金の払い出しが間に合わない、というようなことになるリスクがあります。
4:金融機関がたくさんあることで、その分手間がかかります
5:残されたご夫婦の一方が認知症になってしまった、というケースでは手続をすすめる方がいません。
6:相続人が財産をもらえないにもかかわらず、第三者に遺贈の手続を行うかどうか、下手をすると遺言書を隠すようなことも考えられます。
7:いつまでも遺言執行がされずに放置される可能性があります。

 

専門家に遺言執行者の就任を依頼する必要がないと考えられるケース

1.財産が自宅と預貯金だけで、家族構成も配偶者と子供だけの場合でもめる心配がない場合

2.再婚して前の婚姻時に子供がいるが、その子供に対する生前贈与などを十分に行い、遺留分減殺請求を受ける可能性がなく、もめる心配がない場合

このように、専門家に遺言執行者の就任を依頼する必要がないと考えられるケースで共通することは、相続人間でもめる心配がない場合です。逆にいいますと、相続人間でもめる心配がある場合には専門家に依頼をしたほうがいいということです。

遺言執行者を決める方法

遺言執行者を決める場合、誰に決めるかが重要になります。複雑な手続きが予想される場合に、一般人である親族を遺言執行者に定めてしまうと手続が大変で思うように遺言の執行が進まない場合もあります。例えば、遺言者が再婚していた場合で、前の婚姻時にも子供が生まれ、後の婚姻時の際に子供が生まれた場合などで、家族関係が複雑な場合には専門家の手を借りた方が無難です。特に離婚もしていない、相続人も配偶者と一緒に住んでいた子供二人だけ、財産も預貯金と自宅だけというようなご家族、財産の場合であれば、遺言執行者を専門家に依頼する必要はありません。ただ、財産を相続人以外の第三者に「遺贈する」ような場合には、遺言執行者を専門家に依頼した方がいいでしょう。

遺言執行者を決める方法は以下の3つの方法があります。遺言書で遺言執行者を指定しておかなかった場合、後から家庭裁判所の手続で選任してもらうことは可能です。ただし、選任するのに時間がかかりますので、可能な限り、遺言書で指定しておくほうがいいでしょう。

遺言執行者を決める方法

1.遺言者が遺言で指定する。
遺言執行者を指定できます。

2.遺言者が遺言で遺言執行者の指定を第三者に委託しておく。
委託を受けた第三者には、遅滞なく遺言執行者の指定をして相続人に通知する義務が発生します。ただし、委託を受けた第三者は委託をやめることができます。

3.家庭裁判所が、利害関係人の請求により選任する。
遺言書に遺言執行者の指定がない場合や遺言執行者の死亡等でいなくなった場合に家庭裁判所に申立をすることにより、遺言執行者を選任してくれます。

相続手続・遺言書作成・相続対策のプロが様々な疑問に答えます

京都府宇治市、城陽市、木津川市、京都市、大阪市、奈良市、大津市、草津市を中心に関西一円業務エリアとして活動しています。常にお客様の満足度向上を目標に業務を心がけております。関西で相続手続、遺言執行、成年後見制度、遺言書作成などで疑問を感じられましたら、まずはご連絡下さい。

〒611-0031
京都府宇治市広野町一里山65-3
京都建物クレスビル401号(アクセス)
元木司法書士事務所
TEL0774-45-5660
E-mail:motoki@souzoku-zouyo-taisaku.com

 

京都・大阪・滋賀・奈良・兵庫の司法書士【元木司法書士事務所】概要

事務所名元木司法書士事務所
代表元木 進一
住所〒611-0031 京都府宇治市広野町一里山65-3 京都建物クレスビル401号
電話番号0774-45-5660
エリア京都/大阪/奈良/滋賀/兵庫
業務内容サマリー京都の司法書士事務所
(遺産相続/相続登記/生前贈与/遺言書作成/不動産登記/担保権登記/遺言執行/成年後見)
業務内容京都市、宇治市、城陽市の相続対策(相続登記・生前贈与・夫婦間贈与)/遺言書作成(遺言サポート)/遺産分割/不動産登記//成年後見/セミナー/相談業務/法人登記/会社設立
営業開始平成23年2月1日

 

 

 

 

 

 

0

-相続手続全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

相続についてどこまで知ってる?相続の基礎知識 数次相続と代襲相続の違い

  前回までの「相続についてどこまで知ってる?相続の基礎知識 法定相続人と法定相続分の関係」と「どこまで知ってますか?相続の基礎知識」 で相続の基礎知識について2回にわたり解説いたしました。 …

遺産分割協議 遺産分割の流れ②

こんにちは、田中です。 本日は、先日の投稿の続きとなります。 先日の投稿では、遺産分割協議のおおまかな流れをご紹介しました。 しかしながら、相続が開始したら必ず遺産分割協議を経なければならないわけでは …

簡単にできない遺留分の放棄

「相続放棄」とよく似ている手続きで「遺留分の放棄」というものがあります。どちらも「放棄」とついていて、家庭裁判所で手続きを行いますが、全く異なる手続きです。 遺留分とは、相続人に保障されている一定割合 …

代襲相続と数次相続 数次相続を放っておくと大変な事になるかも!!

相続手続を行う際の法定相続人確定するために代襲相続と数次相続についての理解が必要になります。そして、法定相続人の確定する作業は、遺産分割協議など、相続人全員で行わなければならない手続きがあるため、非常 …

知らないとこわい初心者が見落としてしまう意外な落とし穴 相続手続きを失敗しない④

先日の相続手続きを失敗しない③で天保生まれの方の相続登記についてお話をしました。   昨日、法務局より連絡がありまして、死亡時期の記載のある戸籍がなく、相続の順番も分からないということであれ …

LINE@からの無料相談はじめました

ここを押してLINEで友だちになりましょう

スマホからLINE@ですぐに無料相談できます

元木事務所のLINE登録方法は

LINE公式アカウント「その他」➝「友だち追加」➝「QRコード」→下記QRコードを読み取り登録

もしくは

LINE公式アカウント「その他」➝」→「友だち追加」→「ID検索」→「@ntk6123x」で検索して登録

アクセス

京都府宇治市広野町一里山65-3
京都建物クレスビル401号
元木司法書士事務所
TEL0774-45-5660