絶対に失敗しない相続対策 元木司法書士事務所備忘録

京都市・宇治市・城陽市・京田辺市・滋賀県・大阪府・奈良県で主に活動する司法書士の業務とタイムリーな情報発信 相続手続、遺産整理、遺言書作成サポート、各種会社設立登記及び変更登記、任意後見契約サポート、相続対策に関する専門家のブログです。一日10分、10日で相続対策。

自筆証書遺言デメリット

 

自筆証書遺言デメリットとしては

①形式不備で無効になることがあります
自筆証書遺言は、全文を自筆で、日付や氏名は必ず書かないといけないなどの一定の決まりごとがあります。これらの形式的要件や記載した内容に不備があれば、遺言が無効になってしまうことがあります。

②変造・偽造や盗難・紛失の恐れがあります
自筆証書遺言はいつでも簡単に変更ができてしまうため、遺言書を作成した後でも、他人により変造・偽造される恐れがあります。また、盗難や紛失された場合や火事で焼失してしまった場合には、公正証書遺言のように原本が公証役場に保存されていないため、遺言の執行ができなくなります。偽造の例えで、漢数字の「一」を「三」に勝手に書き加えられる可能性があります。

「金一千万円を相続させる」「金三千万円を相続させる」

③裁判所の検認が必要
公証人が関与して作成する公正証書遺言と違い、自筆証書遺言は法律上有効に成立したかどうかの確認ができていません。そのため、それを保管していた人や発見した人は、遅滞なくその遺言書と必要な書類を家庭裁判所に提出して、検認手続を受ける必要があります。検認手続が完了してからでないと遺言の執行ができないようになっています。公正証書遺言はこの検認手続が不要になっております。遺言書が偽造や変造されていないかを確認するための手続として必要です。この手続きは確認と変造の防止が目的であり、遺言書の有効性や無効を判断する手続ではありません。

相続のプロが様々な疑問に答えます

お客様の満足度を高めるように心がけております。疑問を感じられましたらまずは、ご連絡下さい。

〒611-0031
京都府宇治市広野町一里山65-3
京都建物クレスビル401号(アクセス)
元木司法書士事務所
TEL0774-45-5660
E-mail:motoki@souzoku-zouyo-taisaku.com

 

運営者情報

事務所名元木司法書士事務所
代表元木 進一
住所〒611-0031 京都府宇治市広野町一里山65-3 京都建物クレスビル401号
電話番号0774-45-5660
エリア京都/大阪/奈良/滋賀/兵庫
業務内容サマリー京都の司法書士事務所
(遺産相続/相続登記/遺産整理業務/生前贈与/遺言書作成/遺言執行/不動産登記/担保権登記/会社設立/各種法人登記/成年後見)
業務内容京都市・宇治市・城陽市・木津川市・大津市・草津市・守山市・奈良市・大阪市で相続手続(相続登記・遺産整理業務・遺産分割)/遺言書作成・執行業務(遺言書作成サポート・遺言執行業務)/相続対策(生前贈与・相談)/不動産登記(不動産取引・新築登記)/成年後見(任意後見サポート)/セミナー開催/相談業務/法人登記(各種法人変更登記)/会社設立登記/研修会講師派遣
営業開始平成23年2月1日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

投稿日:

執筆者:

LINE@からの無料相談はじめました

ここを押してLINEで友だちになりましょう

スマホからLINE@ですぐに無料相談できます

元木事務所のLINE登録方法は

LINE公式アカウント「その他」➝「友だち追加」➝「QRコード」→下記QRコードを読み取り登録

もしくは

LINE公式アカウント「その他」➝」→「友だち追加」→「ID検索」→「@ntk6123x」で検索して登録

アクセス

京都府宇治市広野町一里山65-3
京都建物クレスビル401号
元木司法書士事務所
TEL0774-45-5660