知らないとこわい初心者が見落とす落とし穴、相続手続を失敗しない 二回目 | 絶対に失敗しない相続対策 元木司法書士事務所備忘録   

絶対に失敗しない相続対策 元木司法書士事務所備忘録

京都市・宇治市・城陽市・京田辺市・滋賀県・大阪府・奈良県で主に活動する司法書士の業務とタイムリーな情報発信 相続手続、遺産整理、遺言書作成サポート、各種会社設立登記及び変更登記、任意後見契約サポート、相続対策に関する専門家のブログです。一日10分、10日で相続対策。

相続対策 遺言書作成 業務関係

知らないとこわい初心者が見落としてしまう意外な落とし穴 相続手続を失敗しない②

投稿日:2018年1月22日 更新日:

本日は相続手続を失敗しない第2回目です

先日の1回目では法律で定められている相続順位と法定相続分について解説いたしました

【第1順位は死亡した人の子供】

【第2順位:死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)】

【第3順位:死亡した人の兄弟姉妹(先に兄弟姉妹が死亡している場合にはその子供)】

そして配偶者は常に相続人になり、法定相続分はそれぞれ違います、ということを書かせてもらいました。

本日は、法定相続分どおりでない手続きについて説明したいと思います

法定相続分どおりでない、とは、わかりずらい言い方ですが

①遺言書を作成する方法

②相続人全員による遺産分割協議

③相続放棄

④相続分の譲渡

という、方法によって法律に定められている法定相続分と異なる遺産相続をすることが出来るようになっています。

前記①の遺言書を作成すると、一定の法律上の拘束力があります

例えば、生前、お世話になった第三者Aさんに「私の全財産をAさんに遺贈する」といった遺言書も作成することが出来ます。

但し、一定の拘束力があるにすぎません。後に説明いたしますが、遺留分のある相続人が遺留分減殺請求をすると、一定の相続財産を取り戻すことが出来るようになっています。

逆にいいますと、一定の拘束力はあります、また、遺言書を作成していないことで、残された家族に大変な負担をかけてしまうことも、時々見受けられます

遺言書を作成するということは、残された家族、親族を困らせないようにする大事な行為になります。

 

実際に元木事務所でご依頼を受けた、遺言書があればよかったのに、という事例を見て説明いたします

 

お子さんがいないご夫婦のケース相関図

夫は三人兄弟の末っ子で夫婦の間に子供はいません。夫の兄弟である次男は夫より5年前に亡くなっていました。

 

 

妻から元木事務所に不動産の名義変更を含む、その他の相続手続一式を依頼されました。

当然、法定相続人は夫の兄(長男)、夫の甥、姪(次男の子)と妻の四人となります。

その四人で遺産分割協議が必要となりましたので、依頼主である妻は、九州、神戸、大阪と遠方まで菓子折をもって、遺産分割協議書に実印を押してもらいに行ってきてもらいました。

妻は 当初、夫の甥、姪が相続人となることを知りませんでした。当然、連絡先も知らない状態でした。

このケース、夫から妻へ「全財産を妻へ相続させる」という遺言書があれば、妻はあちこち、頭を下げて印鑑をもらいにいかなくてすんだのに、という事例です

自分と自分の家族には、遺言書が必要なのかどうか、よく考えてみましょう

 

また、遺言書作成には厳格な要件が定められています。その要件を満たしていないとせっかく作った遺言書が無効なものとなってしまいます。

 

お子様がいらっしゃらないご夫婦、結婚されていらっしゃらない方は遺言書を作っておいた方がいい場合が多いと思います。

相続に強い専門家に、一度ご相談ください。

 

説明をしだすと止まらなくなりますので、本日はここまでにしておきます

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

-相続対策, 遺言書作成, 業務関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

相続で将来争わないための対策 【遺言】

最近自治体等が主催する登記相談・法律相談会に相談員として参加しています。そのなかで、将来相続が起こったときに相続人同士で揉めるのが心配だという相談をよく聞きます。   自分がいなくなった後、 …

家族関係 三代

トラブルが多い不動産共有名義のリスク ー 親子共有名義 編

前回の不動産共有名義のリスクでは、夫婦間における不動産共有名義のリスクについて説明しました。 今回は 親子共有名義 義理の親子共有名義 の場合のリスクについて解説をしていきます。 不動産を購入される際 …

株式や投資信託がある場合は公正証書遺言を!!

公正証書遺言とは公証人が遺言の有効性を確認し、その原本を遺言者が120才になるまで公証人役場で保管される遺言書のことをいいます。公正証書遺言は、公証人が確認をするため遺言書そのものが無効にならないこと …

抵当権の抹消登記(住宅ローン完済に関する登記) 相続対策の診断をしてみてはいかがですか

今回は住宅ローンなど金融機関からお金を借りた際に、担保として所有している土地や建物に付けた抵当権の登記を抹消する手続きについてご紹介していきたいと思います。 まず、住宅ローン等を完済すると抵当権の法的 …

成年後見制度について①

成年後見制度についてお話をしたいと思います。   成年後見制度とは 判断能力の不十分な成年者を保護するための制度といえます。 もう少し、詳しくいいますと、判断能力の不十分な成年者とは認知症、 …

LINE@からの無料相談はじめました

ここを押してLINEで友だちになりましょう

スマホからLINE@ですぐに無料相談できます

元木事務所のLINE登録方法は

LINE公式アカウント「その他」➝「友だち追加」➝「QRコード」→下記QRコードを読み取り登録

もしくは

LINE公式アカウント「その他」➝」→「友だち追加」→「ID検索」→「@ntk6123x」で検索して登録

アクセス

京都府宇治市広野町一里山65-3
京都建物クレスビル401号
元木司法書士事務所
TEL0774-45-5660